陸前高田市今泉地区復興町おこし計画
Imaizumi town meeting

08_9286899b959482cc96cd8c5e.jpg 05_8cae8c5e82cc98h82c692b789ae82cc8dc490b6.jpg 1193y8ee882f083j838f89bb82b782e9.jpg 078er82a982e790ec82dc82c582cc98a91b190ab82f08e9d82bd82b982e98ece96ca8cv89e6.jpg 128er82d682cc96be89f582c894f093ef.jpg 13ws95978ci.jpg

住所:岩手県陸前高田市今泉地区
期間:2012年8月~
施主:一般社団法人 陸前高田・今泉地区 明日へのまちづくり協議会
共働:なつかしい未来創造(株)、武蔵野美術大学建築学科長谷川スタジオ、(株)アルセッド建築研究所
担当:石井秀幸

Location:Imaizumi District, Rikuzentakata-Shi, Iwate-Ken, Japan
Period:August 2012-
Client:General Incorporated Association Rikuzentakata Imaizumi district Asu eno machizukuri kyougikai
Design partner:Natsukashii-Mirai-Souzou, Musashino Art Uni Hasegawa studio, Alsed Architectural Laboratory

陸前高田市と今泉地区の位置 被災から一年後のまちの様子 正面の小山に避難したとのお話を聞く 鍵型の路と長屋の再生 長屋型の建物の活用イメージ
山から川までの連続性を持たせる斜面計画 中央部の模型 街道周辺の賑わいづくり 中央広場の大階段 土手をニワ化する
山への明快な避難 提案の様子 WS風景